グローバル汚職リスクへの対応セミナー | ビジネス セミナー 社内研修 与信管理総合研究所 ナレッジマネジメントジャパン
与信管理総合研究所 あなたの会社の与信管理・海外取引をプロのノウハウでサポート!
与信管理 海外取引 ビジネスセミナー │ 与信管理 のナレッジマネジメントジャパン ビジネスセミナー │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン 社内研修 │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン 代表者の講演実績 │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン 与信管理マニュアル │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン 中国企業信用調査 │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン

サービス案内
お客様の声

開催済セミナー一覧

社内研修

開催ご案内メール登録

ビジネスセミナーCD

メールで知人に紹介
おすすめのセミナー
与信管理の基礎講座

与信限度額設定ワークショップ

与信管理規定作成講座

決算書の見方

海外の与信管理と債権回収<基礎編>


中国・アジアの与信管理と債権回収

英文メールの書き方

債権回収の基礎講座

英文契約の基礎講座(初級編)

英文契約の基礎講座(中級編)

1日でわかる貿易実務の基礎講座

クレーム対応セミナー

債権回収の実践講座

一日でわかる英文契約書の読み方

貿易実務講座(ロールプレイ編)

英語での電話の受け方・かけ方

契約の基礎講座

中国契約法入門

コーチングセミナー

お問い合わせ

Tel 0120-453-706
Fax 03-5575-2277
Mail seminar@kmjpn.com




第690回 B-SeminaR


FCPAUK Bribery Act のポイントと具体的対応策について~
>>セミナーに参加したい方はこちら


企業がグローバルの事業展開を行う中で、海外各国では、汚職禁止法に抵触するリスクが高まっており、既に多くの日本企業が巻き込まれております。

米国の「海外腐敗行為防止法(Foreign Corrupt Practices Act)」(FCPA)は、米国外における行為にも適用されるなど適用対象が広範囲にわたっており、米国司法省による同法違反による摘発も増加の一途をたどっております。多くの日本企業が海外汚職防止規制の違反により、多額の制裁金の支払いを命じられるケースが発生しています。

また、英国の2010年贈収賄防止法(UK Bribery Act)が2011年7月1日から施行され、英国外の英国法人子会社へも適用されることから、現在、世界中の多くのグローバル企業が、海外汚職リスクへの対応のため、グローバルのコンプライアンスの構築の検討を開始しています。

このような状況のなか、本セミナーでは、まずは、米英の法規制の状況と具体的事例及び対応について、国際法務に詳しい芝綜合法律事務所牧野和夫弁護士(日本国及び米国ミシガン州)が説明し、その後に、新日本有限責任監査法人の小峰孝之氏が、FCPA、UK Bribery Act の最新動向、海外汚職防止の実績から、贈収賄リスクへの戦略的事前対応について、事例を踏まえて解説し、日本企業がとるべき具体的なソリューションについてご説明いただきます。



1. 牧野和夫弁護士
(1) 米国の「海外腐敗行為防止法(Foreign Corrupt Practices Act)」(FCPA)のポイントと最近の摘発事例
(2) 日本企業が巻き込まれたFCPAの事例と対応
(3) 英国2010年贈収賄防止法(UK Bribery Act)のポイント
(4) Facilitation Paymentsをどのように考えるべきか?
(5) コンプライアンス・プログラムの戦略的構築

2. 新日本有限責任監査法人
田中周一シニアマネージャー
日本企業における典型的な贈収賄リスク対応上の課題
• リスク評価
• 第三者デューデリジェンス
• 効率的なモニタリング

3. 新日本有限責任監査法人 
小峰孝之マネージャー
・当局の要請による調査(電子証拠開示)における流れと注意点




牧野 和夫 氏
 弁護士・弁理士・米国弁護士(芝綜合法律事務所)


早稲田大学法学部卒。年ジョージタウン大学ロースクール法学修士号を取得後、いすゞ自動車株式会社法務部課長、アップルコンピュータ株式会社法務部部長を経て、現職。

英国ウェールズ国立大学客員教授、早稲田大学、関西学院大学大学院など、数多くの大学・大学院や各種実務セミナーの講師としても活躍中。

ビジネス・ソフトウエア協会前日本代表事務局長、企業法務協会前理事も務める。豊富な経験を活かした実践的かつ明快な指導には定評がある。

【著書】

国際取引法と契約実務』(中央経済社)
『やさしくわかる英文契約書』(日本実業出版)
『英文契約書の基礎と実務』(DHC)
『法律英語ハンドブック』(プロスパー企画)
『企業法務全集・9金融法務』(共著、税務経理協会)
『総解説・ビジネスモデル特許』(共著、日本経済新聞社)
『電子商取引法とビジネスモデル特許』(プロスパー企画)
『ハイテク業界の法務と現代企業法務入門』(敬文堂)
日経文庫『ネットビジネスの法律知識』(日本経済新聞社)ほか多数


田中 周一 氏
FIDS(不正対策・係争サポート)贈賄リスク対応チームシニアマネージャー

2005年に新日本監査法人(現、新日本有限責任監査法人)に入所。
贈収賄リスクを含むコンプライアンスリスク管理体制、全社的なリスク管理体制、CSR管理体制の構築支援業務などに従事。
米国FCPA違反に係るDPA (Deferred Prosecution Agreement)対応に係るプロジェクトの主査として、贈収賄関連法リスク評価、贈収賄防止に係るコンプライアンスプログラムの現状調査、コンプライアンスプログラムの改善、贈収賄防止の観点からの内部統制のモニタリング等について、広範な実務経験を有している。


小峰 孝之 氏
FIDS(不正対策・係争サポート)eDiscoveryコンサルタントマネージャー


法科大学院を経てe-Discovery専業ベンダーに入社。
知的財産権、PL訴訟などの米国民事訴訟、国際カルテル案件に係る米国司法省対応など、さまざまな日本企業の訴訟案件および当局調査案件に関するe-Discovery(電子証拠開示手続)支援業務に従事。
e-Discoveryコンサルトとして、企業や法科大学院におけるe-Discoveryセミナー講師経験も多数。



・日 時 2017年6月20日(火)13:15~16:45
・会 場 東京都中央区(参加者に直接お知らせいたします)
・定 員 15名
・費 用 
 一般 ビジネスセミナー会員
 30,000円(税込)  無料
*テキスト代含む

※セミナー開催日の前日17:00(前日が日祝日の場合は、前営業日)までは、無料でセミナーをキャンセルすることができます。それ以降のキャンセルについては受講費用全額をご請求致します。
※ビジネスセミナー会員とは、所定の年会費をお支払い頂いている会員の方のことです。
ビジネスセミナー会員に興味のある方はsmakino@kmjpn.comまでご連絡下さい。
>>セミナーに参加したい方はこちら


ページトップへ↑
【 セミナーお問い合わせ 】
Tel : 03-5549-1067 Fax : 03-5549-1068
Mail : seminar@kmjpn.com
月~金10:00~18:00(土日祝日・年末年始を除く)
与信管理の実務 │ 与信限度額設定ワークショップ │ 与信管理規定作成講座 │ 決算書の見方 │ 海外取引の債権回収実務  
  中国・アジアを中心とした海外の与信管理  │ 英文ビジネスメールの書き方 │ 緊急時の債権保全と回収策 │ 英文契約の基礎講座(初級編) │ 
英文契約の基礎講座(中級編)
 │ 1日でわかる貿易実務の基礎講座 │ クレーム対応セミナー  │  クレーム対応セミナー【事例編】 
一日でわかる英文契約書の読み方  貿易実務講座(ロールプレイ編) │ 英語での電話の受け方・かけ方 │ 契約実務の基礎講座
中国契約法入門 │ 質問の達人になる


 Knowledge Management Japan Corporation                        

ブラウザーはInternet Explorer5.0以上でご覧ください。
Copyright(C) 2000-2012 Knowledge Management Japan Corporation. All rights reserved.
無断転載を禁じます