ヘッドラインで学ぶ☆ビジネスイングリッシュ | 与信管理総合研究所 ナレッジマネジメントジャパン
与信管理総合研究所 あなたの会社の与信管理・海外取引をプロのノウハウでサポート!
与信管理 海外取引 ビジネスセミナー │ 与信管理 のナレッジマネジメントジャパン ビジネスセミナー │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン 社内研修 │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン 代表者の講演実績 │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン 与信管理マニュアル │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン 中国企業信用調査 │ 与信管理のナレッジマネジメントジャパン
ヘッドラインで学ぶ☆ビジネスイングリッシュ

ヘッドラインで学ぶ☆ビジネスイングリッシュ
  米国の主要紙The New York Times、The Wall Street Journal等の実際のヘッドラインとリードを題材にビジネス英語を学ぶメルマガです。簡単なルールさえマスターしてしまえば、英字新聞を読むのは簡単なのです。毎週わずか10分程度このメルマガを読むだけでビジネス英語が驚くほど身につきます。TOEIC対策にも効果的です。

取り上げる記事はビジネス・経済・企業関連が中心なので、あなたのビジネスにも役立つ情報が満載。ビジネス英語をマスターできれば、あなたの年収も確実に上がります!これで今日からあなたもNew Yorker!!

 <このメルマガを読む5つのメリット>

(1)ヘッドラインだけでビジネス英語を学べる!
(2)英字新聞の読み方がマスターできます。
(3)時事英語や金融英語、経済英語が学べTOEIC対策になります。
(4)毎週わずか10分なので、らくらくスタディー
(5)ビジネス関連のニュースなので仕事にも役立ちます。


●このメールマガジンを登録する
※お客様のメールアドレスはメルマガ配信システム(まぐまぐ)に登録されますことをご確認下さい。
バックナンバー
  ●2012年1月13日
●2012年1月6日
●2011年12月30日
最新号
  ━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
◆ヘッドラインで学ぶ☆ビジネスイングリッシュ◆
〜お金をかけずにマスターする英語        総発行部数5,121部
━━━━━━━━━━━━━━Vol.400(2012年1月13日号)━━━━━

こんにちは!
「ヘッドラインで学ぶ☆ビジネスイングリッシュ」のマッキーです!

今、気付きましたが、今回が400号になりました!これもお読みいただいてい
るあなたのおかげです。

次は、500回を目指して頑張ります!

◆「英文メール」プチレッスン(21)〜提案する

I propose a new business model to increase our profit.
「利益を増やすために新しいビジネスモデルを提案します。」

proposeの代わりにsuggestやofferを使うこともできます。

You might think about reading an English newspaper every day to learn
English.

「英語を習得するために英字新聞を毎日読むことを考えてみてはいかがです
か。」

これは、やや控え目な提案表現です。

I think you should consider reading an English newspaper every day to learn
English.

「英語を習得するために英字新聞を毎日読むことを検討すべきだと思います。」

少し強い表現になります。

thinkの代わりにbelieveを使うと、こちら側の提案に対する確信度が高まりま
す。

こちらのメルマガもオススメです!
  ●ニュースで学ぶ与信管理と債権回収
お問い合わせ
  ナレッジマネジメントジャパン株式会社
B-Senminar担当

TEL: 03-5549-1067
FAX: 03-5549-1068
e-mail: seminar@kmjpn.com
与信管理の基礎講座 │ 与信限度額設定ワークショップ │ 与信管理規定作成講座 │ 決算書の見方 │ 海外の与信管理と債権回収<基礎編>  
  中国・アジアの与信管理と債権回収  │ 英文メールの書き方 │ 債権回収の基礎講座 │ 英文契約の基礎講座(初級編) │ 
英文契約の基礎講座(中級編)
 │ 1日でわかる貿易実務の基礎講座 │ クレーム対応セミナー  │  債権回収の実践講座 
一日でわかる英文契約書の読み方  貿易実務講座(ロールプレイ編) │ 英語での電話の受け方・かけ方 │ 契約の基礎講座
中国契約法入門 │ コーチングセミナー


 Knowledge Management Japan Corporation

Copyright(C) 2000-2014 Knowledge Management Japan Corporation. All rights reserved.
無断転載を禁じます